12 ゴマノハグサ科 雑草 2020

ゴマノハグサ科 雑草

ストライガ属 (striga, 英名:witchweedまたはwitches weed)は、アフリカ、アジア、オーストラリアの熱帯および亜熱帯区域に分布する一年生の半寄生植物である。従来のクロンキスト体系ではゴマノハグサ科に属していたが、apg植物分類体系ではハマウツボ科に移動している 。 種数は諸説あるが40種以上とみられる。植物体は明るい緑色の葉茎と小さく色鮮やかな. イヌノフグリ オオイヌノフグリ オオカワヂシャ カワヂシャ タチイヌノフグリ フラサバソウ ムシクサ マツバウンラン.


フラサバソウの投稿画像 by tbuchiさん|ゴマノハグサ科と雑草と雑草の花と雑草図鑑 (2020月3月25日

オオイヌノフグリ veronica persica ゴマノハグサ科 ヨーロッパ原産の雑草。早春から1㎝ほどでコバルトブルーの花を多数つける。花の中心には2本の雄しべと1本の雌しべがある。花弁は日が当たると開き、日がかげると閉じる。別名には瑠璃唐草(るりからぐさ)や天人唐草(てんにんからくさ)、 星の瞳(ほしのひとみ)がある。花期は2月~5月。

ゴマノハグサ科 雑草. サギゴケ 属 mazusは世界に 10 種、日本に 3 種が生育している(佐竹 1964)。. 茎を伸ばして唇状の花が咲く。花弁は4枚。雄しべの葯が黄色い。 花弁の背中に2本の距がある。 花色は白色、ピンク、オレンジ色など。 葉は被針形で向き合って付く(対生)。 草丈は20~50cmほど。 ムラサキサギゴケ (サギゴケ科サギゴケ属)(ハエドクソウ科)(ゴマノハグサ科)【紫鷺苔】 (mazus miquelii) 田んぼの畦などに生える、いわゆる「雑草」だが、小さくてもなかなか配色の美しい春の花。


ゴマノハグサ科


花・ゴマノハグサ科 モトの山歩き


ゴマノハグサ科 アゼナ


今年出会った花たち jokichi つれづれ日記


[ベスト] 雑草 巨大 342695雑草 巨大


ゴマノハグサ科 ゆるゆる植物さんぽ


道端の雑草、瓜草&イヌホウズキ ureyamatのブログ


エナシシソクサ 南嶋から2


花・ゴマノハグサ科 モトの山歩き

Leave a Comment